セント ジョン アンビュランス ジャパン協会

セント ジョン アンビュランス 概要

沿革

1000年頃 エルサレムでのキリスト教巡礼者への医療活動から始まり、十字軍とイスラム教徒との戦いに際しては、聖ヨハネ騎士団の活動の一部として、傷病者の救済のために大いに活動した。
1140年頃 旧ロンドン市外北部に騎士団による地方本部を設立。
1789年 ロードス島にあった本部がキプロスに移され、その後マルタ島に移転。
同島がナポレオンに征服された後、ローマ法王によりローマに土地を与えられ活動を継続する。
1887年 英国にSt. John Ambulance Association設立される。ファーストエイド活動開始。
ヴィクトリア女王により活動内容は勅許として公認される。
1997年 日本で初めて任意団体としてボランティア活動開始。
1998年 エリザベス女王が名誉総裁に就任。世界40ヶ国で活動。日本でも正式に活動開始し、特定非営利活動法人申請(12月)
1999年 特定非営利活動法人として認可される。
2000年 日本国内でファーストエイドのトレーニング開始。
2001年 賛助会員制度開始(5月)。大田区大森に常設トレーニング場設置。
2002年 英国本部から講師を招いて、新規トレーナーを養成すると共に、当協会初のシンポジウムを開催(9月)。
2003年 活動拠点を、東京に続き京都に関西本部を開設し活動開始(1月)。
構造改革特区提案にてAEDの一般人使用を申請する。全国規制解除の先駆となる。
2004年 福島県須賀川市に東北本部を開設し活動開始(9月)。
2013年 東北本部を福島本部に改称(3月)。
2015年 東京本部を閉鎖(3月)。

役員(平成29年3月31日現在)

役職氏名 
理事長 松井 道宣 京都九条病院 理事長
理事 佐々木 喜一 成基コミュニティ 代表
理事 高梨 智弘 日本総合研究所 理事
理事 三浦 純一 公立岩瀬病院 院長
理事 守山 裕二 スローエナジーコーポレーション 代表
理事 田中 健志 京都府議会 議員
理事 市村 喜雄 須賀川市 市議会議員
理事 小川 聡 パワーネットフィールド 社長
理事 関根 一男 ニューアーク情報サービス 社長
理事 大原 清司 医療法人同仁会(社団) 職員
監事 土山 太 スクエアワン 社長

平成29年度 賃借対照表